〈vol.6〉渡辺友美子さん(25歳)とベトナム料理「オーセンティック」

まつどのこもりかた。編集部のいとーです。vol.6は私が担当させていただきます。今回出演してくれるのは渡辺友美子さんです!

渡辺友美子です。よろしくお願いいたします!

vol.6では上本郷にある、ベトナム料理を提供するお店「オーセンティック」を渡辺さんとのトークを交えながら一緒に紹介していきます。よろしくお願いいたします!

それではvol6、スタート!

松戸駅からバスで10分足らず、千葉県最大級と言われる松戸南部市場や歴史ある野菊野団地に囲まれたところに、ベトナム料理「オーセンティック」がある。「松戸でどこかおもしろいところはないかと思い、市場も近く独特な雰囲気を持っているこの場所に出店を決めた」とオーセンティック森泉さんはいう。

オーセンティックは、かつてフランス料理店の料理長をしていた中塚さんと、フリーでライターとして活動していた森泉さんの二人で切り盛りをしている。2001年、初めて二人で行ったベトナムで料理や街の活気、様々なものに衝撃を受け、以来20年間ベトナム料理を提供し続けているという。

「バン・セオ」 ベトナム南部~中部の名物料理

店名”オーセンティック”には「正当な、真っ当な」というニュアンスがある。当時まだマイナーな存在だったベトナム料理、メディアに取材を受けた時「フレンチ出身のシェフが作る創作料理」と紹介されそうになった事があり、正統派のベトナム料理を広めていきたいという思いからこの店名になった。

「ブン・ボー・フエ」 ブンは米粉で作られる断面の丸い麺

森泉さんはフリーライターの経験を生かし、ベトナム料理をもっと日本人に愛される文化とするために2冊の本を出版している。一つはオーセンティックの秘蔵レシピをまとめた「カンタン、おいしい、ベトナムごはん。」2冊目はベトナム各地の絶品ご飯をまとめた食旅本「絶対食べたいベトナムごはん」

客層は様々でお1人様から、小さなお子さん連れのご家族、18名のコースの貸し切りもあるとのこと。もともとが高円寺や浅草でお店をやっていた(浅草は継続中)経緯があるため、松戸店にも日本各地からお客様が来るという。

渡辺さん、ベトナム料理のお味はいかがですか?

どの料理も美味しかったのですがバン・セオ(ベトナム風お好み焼き)が特に美味しかったです!
野菜やハーブがぎっしりと盛られていて1人前の量とは思えないぐらいの量でした。
野菜がたくさん食べれるのはいいですね!

バン・セオ、出てきたときのインパクトが凄かったですよね!これだけ食べ応えがあって野菜も取れるのはすごく嬉しい!

ここからは渡辺さんのプライベートについて質問していきたいと思います!
最近の趣味は何かありますか?

カフェ巡りとフィルムカメラです。休みの日はカフェを巡ってフィルムで撮影したりしています。

おお〜お洒落ですね!
最初にお会いしたときにすごくおしゃれな方だなと思いました!
お仕事はアパレル関係とかですか?

平日は栄養士として働いていて、休日はインフルエンサーのお仕事をしています!

すごい働きものですね…!
渡辺さんのinstagramのアカウント
<@yutanpiyo>はフォロワー12,000人以上いるんですよね、是非このサイトも宣伝していただきたいです笑

それでは恒例の質問をさせていただきます!(私が勝手に恒例にしているだけ)
今お付き合いしている人はいますか…?

はい、彼氏がいます!
思いやりの気持ちがあって、きちんと感謝を伝えてくれるところが好きです。
それに趣味や笑いのツボが合うので一緒にいて楽しいです!

やはりいるんですね…チャンスはなかったか笑

渡辺さん、ありがとうございました!
今回ご紹介した松戸のベトナム料理「オーセンティック」はテイクアウトもしております。
お店の情報は下記をご確認下さい。

それでは、次回の更新をお楽しみに!

店名:ベトナム料理・オーセンティック

住所:千葉県松戸市松戸新田24 京葉流通センター3-2

電話番号:090-4013-8519

営業時間: 12:00~14:30(L.O)

      18:00〜21:00(L.O)

※2020年9月現在、不定営業(詳しくはお問い合わせを)

※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。

定休日:月(祝日は営業、その他不定休)